☆戸塚ワールド☆    ~輝く一番星トッツー~

A.B.C.-Zのトッツーこと戸塚祥太くんを溺愛中♡               ★輝く一番星トッツー★
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 2007.11.13の記事よりTOPトッツー ≫ 2007.11.13の記事より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2007.11.13の記事より

ちょっと調べごとがあって、

「2007年、とつの21歳の誕生日の少クラ」の私の感想を久々に読んだ。
ちなみに、JUMPデビュー発表直後。

----------------------------------

☆とつとハッシーのお手紙のコーナー

「辛い事や嫌な事もあるはずなのに絶対に態度に出さないってとてもすごい事だと思う」
ていう、ハッシーからとっつーへの言葉(泣)

ハッシーも今回の事でいろいろ辛い思いしてたんだろうね
それを勇気付けて、励ましてくれたのが、戸塚先輩だったのかな?
そう思うと、トツ、自分もいろんな思いを抱えているだろうに、本当にエライよ(半分妄想…)


それにしても、ハッシーて大人っぽいよね~。
トツの方が外見はかわいいかも!?
でもやっぱり、中身はすごくいいお兄ちゃんだよ


トツに約束してもらって、素直に嬉しそうにはしゃぐハッシーが、めっちゃかわいかった。

それから、その後のハッシーのソロを見て、ハッシー、キミはまだ、ここでいいんだよ。と思った。
ぶっちゃけ、デビューって夢、みんな持ってるだろうから、それに入れなくて、悔しい思いもしたんじゃないかなって思うけど、彼まだ、中学生だよね?
まだまだこれからだし、例のメンバーに入ってたら、確実にあんなソロもアップもなかったと思う。
だからやっぱりよかったんだよ。



謙虚に一歩一歩夢に近づいていってほしい。



近道なんてなくたっていいさ(LOVE&DREAMより)」

それはトツにもいえるのかなぁ?
デビューさせてあげてほしいって思いはもちろん!
でも、やっぱり、トツには最善のタイミングとメンバーで夢を掴んでほしい


----------------------------------

ハッシーのこと、とつのこと、こんな風に語ってた私。

そのハッシーが「A.B.C.」に入って「A.B.C-Z」になって、
まさかその「A.B.C-Z」5人でデビューすることになるなんてあの頃は思ってもみなかったなぁ。
まぁ、予想なんてできるわけもなく…(笑)

ハッシが入った時は、ただただ、とつパートが減って嘆いてたけど、今思えば、最高の形だったんだって思える。

それに、A.B.C.へのハッシの影響は大きかったとも思うし。
もともとのA.B.C.の良さを残しつつ、とってもよい方向に変えてくれたって思うし



「トツには最善のタイミングとメンバーで夢を掴んでほしい」っていう、4年前に語った夢が、最高の形で叶うなんて、本当に本当によかったぁ
スポンサーサイト
トッツー | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

No title
編集
こんにちは。

昨日はお会いできて嬉しかったです。
そして大変お世話になりました。
すごく楽しい時間を過ごす事ができました。
とっつーかっこよかった~
またお会いできると嬉しいです。
今回は本当にありがとうございましたm(__)m
2012年03月07日(Wed) 17:42
とつの瞳、最高♡
編集
こちらこそ、とよさんにお会いできて楽しかったです♪
関西パワー半端ない(笑)
とつは、ほんっとにかっこよくて、かわいくって、瞳がめちゃめちゃ綺麗で、手がおっきくてやわらかくって(*^。^*)
客席を見渡すとつの姿が、とってもとっても誇らしげで(^o^)
くるっと背中見せると、その背中が男らしくって♪
また、お会いできる日を楽しみにしてます♪
おみやげありがとうございました。美味しかったです(^o^)
2012年03月07日(Wed) 22:42












非公開コメントにする
プロフィール

りえ

Author:りえ


戸塚祥太くんを応援中!













POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。